ユニフォームをオーダーメイドするための3つの方法と費用目安  
オリジナルのユニフォームや作業着を作りたいと考えている方に向けて、オーダーメイドをするための方法をご紹介します。

ユニフォームや作業着をオリジナルデザインで作れたら、機能性・デザインともに満足できそうだと思われませんか?
ただオーダーメイドをした経験のない方であれば、どこに、どのように注文すれば良いのか…と悩まれるかもしれません。

オーダーメイドには大きく分けて、3つの方法があります。
方法によりオリジナリティを出せる範囲やコストが変わるので、まずはどの方法で注文するかを決めるのがおすすめです。

そこで今回の記事では、ユニフォームをオーダーするための3つの方法と、かかる費用の目安について解説。
オーダーメイドの方法が知りたい、どのくらいの費用がかかるのか知りたいと悩んでいる方にとって、参考にしていただける記事です。
 

ユニフォームをオーダーメイドするメリットとは

ユニフォームをオーダーメイドすることには、次のようなさまざまなメリットがあります。

【メリット】
  • 個人の体型にあったサイズで完成する
  • 素材から選べる
  • 理想的なデザインのものができる
  • 企業のシンボルカラーを使える
  • 予算の相談ができる
  • 名前・部署・社名・チーム名を入れられる
  • 他のチーム・企業とかぶらないユニフォームが手に入る

オーダーメイドは完全オリジナルなので、サイズや素材、デザインなど思うままに作れます。

企業のシンボルカラーで作ったり、社名やチーム名を刺しゅうで入れたりと、他のチームや企業とかぶらないオリジナル性の高いユニフォームが完成。
オーダーメイドだとコストが高くなる印象があるかもしれませんが、予算の相談ができることもメリットです。

ユニフォームをオーダーメイドすると、既製品にはないさまざまなメリットが感じられるでしょう。
 

ユニフォームのオーダーメイド方法3選

それではユニフォームをオーダーメイドするための3つの方法をご紹介します。
 

方法.侫襯ーダー

完全オリジナルのユニフォームを作りたい場合におすすめなのが「フルオーダー」です。

テンプレートから作成するのではなくイチからデザインするので、世界に1つだけのユニフォームが完成します。
設計や型紙作りをはじめ、素材選びやデザインなど、すべてを好きなように作れるのがフルオーダーの魅力。

そのため完成まで期間がかかりますが、完全オリジナルにこだわるのであればおすすめの方法です。
 

方法▲スタムユニフォーム

手軽にオーダーメイドしたい場合は、「カスタムユニフォーム」がおすすめです。

カスタムユニフォームとはテンプレートや既製品から、色やデザインだけを変更するセミオーダーメイドのこと。
すべてをオリジナルにはできませんが、フルオーダーよりも安価でデザインを決める手間もかかりません。

またテンプレートがすでにあるので、完成までの期間が短くなることもメリットです。

完全なオリジナルでなくても構わないなら、短期間で手軽に作れるカスタムユニフォームが良いでしょう。
 

方法ワンポイントオーダー

「ワンポイントオーダー」とは、既製品に刺しゅうやプリントでロゴや名前だけを入れる方法です。

デザインや色、ユニフォームの形は既製品のままなので、最も手軽にユニフォームをオーダーメイドできます。
既製品に少しカスタマイズするだけなので、完成までに時間もかかりません。

オーダーメイドとまではいかなくても、少しだけオリジナリティを出したいときにおすすめなのがワンポイントオーダーです。
 

ユニフォームのオーダーメイドにかかる費用相場

ユニフォームのオーダーメイドにかかる費用はオーダーメイドの方法や作るユニフォームの形により変わります。

あくまでも目安ではありますが、おおよその費用相場を表にまとめました。
フルオーダー 見積もりによる
カスタムユニフォーム 6,000円〜
ワンポイントオーダー 数百円〜
 
費用相場
形状 男性 女性
ブルゾン 200円〜 150円〜
長袖シャツ 200円〜 150円〜
半袖シャツ 180円〜 165円〜
長袖スモッグ - 200円〜
半袖スモッグ - 150円〜
パンツ 100円〜 125円〜
つなぎ 225円〜 -


形状ごとの費用相場は、ワンポイントオーダーで一箇所にネーム刺しゅうをした場合の、ユニフォーム1枚の費用目安です。
フルオーダーは素材やデザインにより費用が大きく変わるので、目安でも費用を算出することはできません。

またご紹介した費用相場は最低価格で表示したので、ユニフォームの機能性にこだわればさらに高くなります。

注文方法やユニフォームの形により費用は変わるので、おおよその目安としてください。
 

ユニフォームのオーダーメイドは目的により方法さまざま

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、ユニフォームをオーダーメイドする方法がご理解いただけたと思います。

手軽にオリジナルのユニフォームを作りたい方は、ぜひ4ステップで完了する「岡潮」のオリジナルウェア製作もご検討ください。
⇒「岡潮」公式ホームページでオリジナルウェアの製作について見る




➡岡潮Webトップページに戻る

 
 
日付 : 2022/03/25 照会 : 151
 
次 : 安全ベストの規格と用途に応じた商品の選び方5つのポイント