真夏に気を付けたい日射病と熱射病ですが、違いをご存じですか?  



真夏に気を付けたい日射病と熱射病ですが、違いをご存じですか?

日射病


日射病は炎天下にスポーツや激しい労働をしたようなときに汗としてたくさんの水分が体外に流れてしまうことで、血液として体内を巡る水分が足りなくなってしまい、心臓の鼓動はするものの血液が巡らない空打ちをしてしまう症状です。いわば、「脱水状態」と考えればよいでしょう。

近年では熱中症と呼ばれる症状がこれに含まれます。

初期の症状であっても十分な水分の補給が必要です。気分に違和感を感じた時点ですぐに木陰など涼しい場所に移動し、ミネラルを含んだ水分を飲ませてゆっくり休ませてやりましょう。
意識の混濁が見られるような症状の場合は直ちに病院へ運んで下さい。


熱射病


熱射病は体の熱を十分に発散できずに体内に熱がこもってしまい、高くなってしまった体温に体が対処し切れなくなった状態です。

たとえば冬、よく暖房の効いた部屋で厚着をしたりするときに起こりやすい症状です。初期症状では顔が火照り頭がぼ〜っとした状態です。意識のある初期であれば十分に熱を逃がしてやれば良いわけですから、上着を1枚脱いだり冷たいタオルで拭いたり風を送ったりして対処が可能です。

夏の暑い盛りに激しいスポーツをすると、体は高くなった体温を冷やすために(熱射病を防ぐために)、たくさんの汗をかきます。あまりたくさんの汗をかき、この失った水分の補給をしてやらないと熱射病になるというわけです。運動の最中には水分なんてもっての他だとよくいわれましたが、適度な水分は絶対に必要です。


日本の平均気温はこの100年で約1.2℃上昇しているといわれています。
我慢をせず、水分、休憩、空調ウエアでこの夏を乗り切りましょう。



➡岡潮Webトップページに戻る

 
 
日付 : 2022/05/24 照会 : 76
 
次 : 空調服・空調ウェアを着る際の水分補給と注意点 (2022年最新版)