熱中症今昔のこと  


熱中症今昔のこと


ふた昔前ぐらいの夏と言えば、部活中の水分補給は禁止
朝礼で倒れる人しばしばなんて時代がありました。

今では、部活中の水分補給推奨、朝礼も座って校長先生の
お話を聞く時代に変わりました。

昭和生まれの人からすれば、根性ないなぁって声が聞こえて
きそうですが、いえいえとんでもございません。

温暖化による気温の上昇、土にかわりアスファルト、コンクリが
増え地温の上昇も半端ない。オゾン層の破壊による紫外線の増加など
今の子供たちは過酷な環境で頑張っているのです。

大人は経験から軽く考えがちですが、熱中症は命にかかわる危険な
症状です。きちんと熱中症対策をして安全に夏を過ごしましょう。




➡岡潮Webトップページに戻る

 
 
日付 : 2022/05/31 照会 : 81
 
次 : 空調服・空調ウェアの風が身体に良くないという噂?