生地の素材の特徴と衣服を長持ちさせる方法  



私たちが販売している衣料品に多く使用されている素材についてご紹介したいと思います

綿/コットンについて


長所
・丈夫である(強度があり、耐摩耗性がある)
・肌ざわりが良い(吸収性・放湿性に富み、柔らかい)
・染色性がよい
・耐洗濯性がよい(アルカリに強く、耐摩耗性がある)

短所
・縮みやすい
・シワになりやすい
・繰り返し洗濯することで硬くなる


ポリエステルについて


長所
・強度が高く、耐久性がある
・元の形に戻ろうとする力があるので、シワがつきにくい
・熱すると軟化し(成形しやすい)、冷やすと再び固くなる性質があるため適切な熱セットで型崩れを防止できる ・油、カビ、虫などに影響されにくい
・比較的薬品に強い(薬品で溶けたり反応したりしにくい)
・吸水性及び吸湿性がないので、乾きが早い

短所
・吸水及び吸湿性がないので、発汗時にベタつきやすい
・染色が難しい(130℃以上の高温下で染色する)
・静電気が帯電しやすい

またこれらの長所と短所を補う形で生成されたのが混紡です。
混紡製品は大変丈夫で多くの作業服やユニフォームに使用されています。

私たちの空調ウエアにも多く使用されてされており、着心地抜群で洗濯に強いのが特徴です




➡岡潮Webトップページに戻る

 
 
日付 : 2022/05/17 照会 : 71
 
次 : アウトドア、BBQに最適な空調服/空調ウェアとは?