空調服・空調ウェアの風が身体に良くないという噂?  


空調服・空調ウェアの風が身体に良くないという噂?


熱中症対策グッズの1つとして一般のカジュアルウェアまで急拡大しつつある「空調服・空調ウェア」。それと共に初めて購入される方からたまに聞かれるのが「扇風機の風が直に長い時間当たると体に良くないと聞くので、空調服も体に良くないのでは?」という質問を聞かれます。

空調服・空調ウェアの仕組み(原理)は、皮膚や体温で体感した人間の脳=制御装置からの指令で汗腺から必要量の汗を流し、汗が乾く際に起きる気化熱により温度を奪うことで体温を下げるという「生理クーラー理論」を利用した物です。

汗をかいている状態で、団扇や扇風機の風を当てることでより気化熱が促進されて早く乾く=涼しい...という事ですね。

まず空調服・空調ウェアを使用する際は作業中であり、意識のない状態で体温が低下する睡眠中ではないため風邪をひいたり低体温症になることはありません。ファン設置場所になる腰周りだけが特に冷えるという事もないので、涼感を得る範囲で使用する分には身体に悪いとされる低体温症の心配は不要です。

くれぐれも車内や屋内で空調服・空調ウェアの電源を入れたままエアコン設定を下げてお昼寝をしないようお願いします。風量も常に強風のままにするのではなく、調整しながらお使い下さい。



➡岡潮Webトップページに戻る

 
 
日付 : 2022/05/30 照会 : 205
 
次 : 空調服・空調ウエアーに冷風