空調ウェアに使用するリチウムイオンバッテリー3大知識  


空調ウェアに使用するリチウムイオンバッテリー3大知識



皆さんは空調ウェアを使用するにあたり、

バッテリーは少しでも長い寿命で持って欲しいと思われている筈です。

今回は基本的なバッテリーケアをお知らせ致します。


1.満充電 充電をつないだまま(残量100%の状態)での保存は寿命を短くします。


電源アダプターをつないだままにしていると、「満充電保存」状態になります。
劣化の原因ですので、電源アダプターをつないだまま残量100%の状態での使用・放置は控えましょう。


2.残量0%状態での放置


残量が0%の状態で放置は、最も充電池が機能しなくなる原因です。
0%になった場合はすぐに充電する、しばらく使わない場合は定期的に充電し、
残量が30〜50%ある状態にしておくことがベストです。


3.高温の環境


バッテリーを高温の環境にさらさない様に心掛ける事。
バッテリー適正最高温度は45℃程度迄といわれています。
高温の環境に置くと、それだけで電池の劣化が進みます。

直射日光下の車内ダッシュボードや荷台の上、日当たりのよい窓際などに放置してしまう等は避けましょう。



そしてもう一つ大事な事、元々の充電池がしっかりと保証されている
PSE認証された国内メーカーの充電池と充電器を採用しているか?
ここが一番肝です。

岡潮で販売しているステータスユニの大容量バッテリーは
Panasonic製Li-ion電池を内蔵し、JET 一般財団法人電気安全環境研究所にて
第三者機関による安全性の確認試験を行った品質の高いバッテリーを採用しています。

いくらケアに注意しても粗悪品充電池は避けた方がいいですよ!




➡岡潮Webトップページに戻る

 
 
日付 : 2022/06/02 照会 : 75
 
次 : 熱中症今昔のこと